食品の製造は様々な過程を経て、たくさんのものを使い行うことになりますが、その中でも消泡剤は非常に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。料理をする人であれば気付くはずですが、材料を混ぜ合わせた場合には、多くの場合泡が生じることになります。たまごや生クリームなどの場合には、泡が出たほうが良いケースもありますが、それ以外のものの場合には、それほど望ましいものではなく、できることならば消したいと思う人も多いことでしょう。このような泡を消すために用いられているものが消泡剤と呼ばれる成分です。

生地の中に含まれている泡を消すことができる成分に当たるため、食感を滑らかにすることができます。プリンや茶碗蒸しなどを思い浮かべると分かりやすいですが、家庭でプリンや茶碗蒸しなどを作る場合にも、最後に表面の泡を爪楊枝などを使い潰していきます。家庭であれば数個作る程度であるため一つ一つわっていっても問題はないかもしれませんが、業務用の場合にはこのように一つ一つ潰していくわけにはいきません。美味しく作るためにはこのようなひと手間は欠かす事が出来ず、細かい部分かもしれませんが、売上にも直結するものです。

攪拌作業において気泡が生じるのは避けられず、このような時に消泡剤を使うということです。食品は味が良ければ良いという人もいるかもしれませんが、実は味だけが要素というわけではありません。食感や歯ごたえなども重要な部分と言えるでしょう。口当たりが悪ければ美味しいと感じず、このようなことから仕上がりを良くするために消泡剤を使うことは当然ともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です