消泡剤は工業を始めとする幅広い分野で活用されていて、食品分野も例外ではありません。そしてその食品分野でも代表的なのは、豆腐の製造工程です。豆腐は大豆から抽出した豆乳が原材料ですが、豆乳は液体なので泡ができてしまいます。その泡が残った状態で豆腐として完成すると、見栄えが悪くなってしまいます。

また見た目だけではなく、泡があるということは、空気を含んでいるということでもあります。したがって空気による劣化促進も懸念されます。さらに泡ができたまま凝固した豆腐は、食感も良くありません。そのような問題を解決するために、消泡剤が使用されます。

そんな豆腐に発生する泡を消すための消泡剤は、グリセリンを材料にしたものが主です。そして大抵の場合は豆腐の内部には残る量が非常に少ないので、味に影響を与えたり、食感を悪化させたりすることはありません。完全に取り除けるわけではないため多少は残るものですが、あくまでも微量です。消泡剤は必ず必要というわけではない上に、身体にとって良い効果をもたらすものではありません。

そのため健康にこだわるのであれば、含まれていない豆腐を選択するという手もあります。実際に消泡剤を使用せずに、触感や消費期限を長くする工夫は可能です。ただそういった豆腐は出会うことが難しい上に、価格も高くなりがちです。したがって最終的には、健康への影響か、触感にコストなど、色々な要素を加味して決定していくこととなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です