日本人の国民食である豆腐は、一年を通して食べる機会がありますがヘルシーで健康的というイメージが非常に強い食品ですが、製造時には添加物が使用されていることを知っている方は少なくありません。添加物というとあまり良いイメージを持たないという方も少なくありませんが、どのような目的でどんなものが使用されているのか正しく知ることができれば、今後も安心して食事に取りいれることが出来るようになります。豆腐に使用される添加物として非常に有名なのが、「消泡剤」です。この消泡剤とはその名前の通り泡を消す際に使用される添加物であり、豆腐に限らず製造の場で気泡の一切ない美しい仕上がりにするためにも消泡剤が使用されることは少なくありません。

豆腐に使用される理由には、原料である大豆にはサポニンと呼ばれる成分が入っていますが、この成分は天然の界面活性剤の1つであり水に溶かすだけで石鹸のように泡立つ性質を持ちます。そのため豆腐製造の際には大量の泡が発生し、従来は泡を他の方法で取り除く非常に面倒な作業が必要とされていました。また泡を消すことによって気泡だらけの豆腐にならずに、なめらかな食感を維持することが出来ますし、何より気泡だらけの状態では豆腐が常に多くの空気に触れることになるため日持ちが悪くなり、腐りやすくなります。消泡剤には主にシリコーン系と有機系の2種類があり、豆腐に使用されているのは主にシリコーン系であり、成分にはケイ素やグリセリン脂肪酸エステルが使用されています。

しかし豆腐製造時には、最終的に成分が残る心配がないことや加工助剤に分類されることから製品の原料に表示されることなく安心して使用することができるメリットを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です