消泡剤とは、液体に泡ができないように加えるものです。様々な種類と使い方があります。泡ができる原因は表面張力や粘性によるものです。消泡剤を加えることで膜を破り泡がなくなります。

オイルタイプの消泡剤は鉱物の油に消泡成分を分散させたものです。液体の表面の泡を素早く消すことに適しています。熱にも強いため高温でも使うことができることが特徴です。また、価格が安いことも魅力のになります。

しかし、持続性が弱いことが欠点です。また、その名の通り油のため水に浮いてしまいます。排水の際には注意が必要ですし、大量の使用は汚染が問題になる危険があります。活性剤タイプは活面活性剤の種類の一つで洗剤などとの相性がいいです。

水に入れると一定温度以上で白濁分散するので自己乳化型消泡剤と呼ばれることもあります。安定性に優れていて長期間の保存にも強く、向いています。しかし、価格が高いことが欠点です。使用量の管理も厳密に行わなければいけないことも大変な点です。

エマルションタイプは消泡剤成分であるアルコールやエステルを水に乳化分散させているもので、オイルインウォータータイプとも呼ばれます。分散性や脱気性に優れていいます。欠点は貯蔵条件に制限があることです。長期間保存による増粘固化や分散による消泡性が損なわれることもあるため、あまり保存には向いていません。

直射日光を避けた室内での保管が必要です。それぞれのタイプだけでなく、組み合わせて効果も期待されています。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です