消泡剤を製造工程に用いる企業が増えています。工業製品の中には、製造過程の中で生じる廃水に気泡が生じることがあります。泡が含まれた廃水を河川敷に流してしまうと、工場経営に支障が出てくることへと繫がります。環境基準に適しなくなったり、近隣の住環境に悪影響を与えたりするからです。

消泡剤を使うことにより、泡が含まれることの無い、綺麗な廃水へと浄化していくことが可能となります。安定した工場運営のためには、製造工程に消泡剤を用いることが欠かせないのです。消泡剤が使われるケースには、工業分野以外にも様々な場面が挙げられます。豆腐のような食品を製造する際には、加熱調理の際に気泡が生じることが珍しくはありません。

表面に泡が付着した商品では、販売することも難しくなります。製品として出荷する前に、細かな泡を消し込む作業が必要となるのです。市販されている消泡剤には、シリコーン系と有機系が存在しています。一般的に、食品を製造する際にはシリコーン系、工業製品の場合には有機系を用いることが多いものです。

気泡を消し込む際には、用途によって2種類の分解方法が活用されています。泡の局部の張力を弱めていき、泡を分解する方法と、気泡全体の表面張力を抑えていき、自然な形で泡を消し込んでいく方法です。気泡を消し込む場合には、トラブルを招かないことが大切となります。多くの気泡分解経験がある事業者を選び、スムーズな泡の消し込みを目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です