消泡剤はオイルタイプや界面活性剤タイプ、エマルションタイプや特殊タイプなどの種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。発泡の状況や使用場所によって、消泡剤の種類を使い分ける必要があります。鉱物油などの油性物質を主成分としたオイル対応の消泡剤は、主に水系液体に対しての効果があり、液体表面にできてしまった泡を素早く消したいときに最適です。即効性はありますが効果を維持する持続性は低く、油性物質が主成分なので、河川などに大量に流出してしまうと環境への影響があり、使用する際は注意が必要となります。

界面活性剤タイプも主成分が油性物質で、石鹸をはじめとした洗剤などにも使われており、泡立ちが良いイメージがあります。界面活性剤はたくさんの種類があり、それぞれ異なる性質を持っていて、その中でも泡を消す性能があるものが界面活性剤タイプの消泡剤です。貯蔵安定性に優れていて長期保存できるのが特徴ですが、使い方を間違えると泡立つ原因となるため注意が必要です。エマルションタイプの消泡剤は、成分を水に乳化・分散させたもので、使用時の水中での拡散性に優れています。

長期保存をした場合は、変質や分離が起こり性能に影響が出てしまうこともあるので、直射日光を避けて、冷暗所で保管する必要があります。優れた性能を持つ、シリコーンやシリカを配合した特殊なタイプもあり、塗装するときに製品に付着していると、ハジキの原因となる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です