消泡剤とは発泡を抑えることを目的とした薬剤で、液体の表面張力に作用すると、膜の強度が下がり泡が割れやすくなります。様々なタイプの消泡剤が存在しますが、鉱物油等に消泡成分を分散させたオイルタイプや界面活性剤の一種である活性剤タイプ、オイルインウォータータイプとも呼ばれているエマルションタイプとなります。オイルタイプは即効性があり、表面の泡を早急に破泡させたい場合に適しているといえるでしょう。即効性はありますが長く保ち続けることは難しく、油性が強いため油浮きしてしまう可能性があり、河川等に排水する場合はトラブルになる可能性があります。

活性剤タイプは抑泡性に優れており少量でも高い消泡効果がありますが、水に溶けにくい特徴があり、長期保存することができます。エマルションタイプは、高級アルコールやエステル等から製造されました。水に乳化分散させたもので、発泡液内部の気泡をくっつける脱気性にも優れていますが、保存する際は注意する必要があります。長期保存する場合は分離等によって性能が損なわれるか可能性があり、注意しなければなりません。

直射日光が当たらないよう屋内で保管するとよいですが、一般的にオイルタイプが破泡性、活性剤タイプが抑泡性、エマルジョンタイプが脱気性に優れているといわれています。それぞれの特徴を理解して使用しても効果が発揮されない場合は、違うタイプの消泡剤を併用して使用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です