消泡剤といって、一般的にどんなものなのか想像するのは難しいかもしれません。一番身近な存在であるのは食品の豆腐です。豆腐の原材料を良く見ると、消泡剤の名前が記載されている商品があります。これは豆腐を作る過程で大豆を潰して濾した液体を火にかけたとき、大量の泡が発生します。

それを抑えるために消泡剤が使われるのです。大豆にはサポニンという成分が含まれ、これが天然の界面活性剤であるために水と触れ合うことで石鹸のようにアワ立ちます。アワをすくい取ったり布で濾したり手間をかけることで消すことも可能ですが、それでは豆腐になる材料が減ってしまい濾すとも増えます。また空気が沢山豆腐の中に含まれていると、それだけ腐敗する可能性が高くなります。

そこで消泡剤を添加して、なめらかな豆腐を完成させるという解決策が生まれました。豆腐を作るときに添加されるのはシリコン系のエマルジョン型消泡剤です。その成分としてはケイ素、またはグリセリン脂肪酸エステルが多いです。この添加物は加工助剤に分類され、その成分は製品が完成後に殆ど残らないとされています。

アワを消すことで日持ちを良くする効果や見た目・食感などを良くするために必要なものでもあります。実際に食べる時には成分自体は消えているので、人体に影響はないようです。脂肪酸とグリセリンを結合させたグリセリン脂肪酸エステルの場合には、防腐作用や品質改良効果もあるとされ豆腐の加工に最も利用されている薬剤です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です