世の中には、様々なツールが存在しており、それを使うことでそのものの価値を高めるケースがあります。あまり知られていませんが、消泡剤と呼ばれる物も存在しておりこれは泡をなくしていくものです。青といっても、料理の話を消泡剤でなくすわけではありません。例えばカレーを作ろうと思い、鍋に塩かけて野菜や肉などを入れると、泡のようなものが少し出てきます。

この時消泡剤などを使わず通常は食べ物以外のもので使うことがほとんどです。具体的な利用方法の1つは、例えばパルプ製造等をしている場合です。パルプ製造において、泡が発生してしまうケースが少なくありません。発生した状態で製品を作ろうとすると、エラーが生じる可能性が高くなるでしょう。

エラーが生じると、その分だけロスになってしまい結果的にその商品は使い物にならず捨てざるをえません。そうすると、経費の店でいろいろな問題が生じるでしょう。少なくとも、使えない分だけは赤字になるためこれをなんとか防がなければいけないところです。そこで利用するのが、消泡剤と呼ばれるものになります。

この製品を使ってすぐに泡が消えるわけですが、使い方にも注意しなければいけません。あまりたくさん使ってしまうと逆に製品の質が悪くなってしまう可能性があるからです。用法に従って適量を使うことが必要です。そして、消泡剤にも様々な種類があり、相性が存在しています。

試行錯誤の中で、もっとも相性が良いものを選ぶと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です