消泡剤の種類はとてもたくさんあります。代表的なものはシリコーン系消泡剤や界面活性剤などです。シリコン系消泡剤は対象物に投入するとすぐに反応が見られますから、スピードの点では一番速いといえるでしょう。しかもシリコン系の対象物が水性でも油性でも使うことが可能です。

それ以外にもポリエーテルや高級アルコールがあります。もちろんそれだけではありません。まだ他にもありますので、対象物に応じて選びます。アルコール系のものは有機系に分類されます。

どれも目的は泡を消すことですが、使った感覚はそれぞれ異なります。工業化が進み以前にはなかったものが登場するようになりました。それにより製造業はより早くモノづくりができるようになっています。スピードだけでなく、クオリティも上がっています。

人が得ている知識は日ごとに増しているはずですが、それでも限界があるのが現実です。最新技術と呼ばれているものでさえすぐに時代遅れになってしまいます。しかも、良い方法と呼ばれることはすぐに変化します。なぜこれほど早い変化がありますか。

インターネットの普及により高速で情報を得ることが可能になりました。百年前の人が十年かかって得ていた情報を一時間で得ることが出来るとも言われています。それだけに情報の取捨選択をすることが欠かせません。消泡剤を選ぶ際にも良い判断が必要です。

他の人と情報を共有することも選択する参考になるにちがいありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です