消泡剤とはあまり耳慣れない言葉ですが、これは各種の製品の工程過程で泡が残ると不都合な場合に用い、消泡剤は液体に泡ができるのを防いだり或いはできた泡を消すために入れる添加物です。江戸時代には豆腐を作る時に豆乳の泡を消すように植物油加工品が加えられましたが、現代は技術が進歩して、食品や化粧品などにシリコーンオイルを水性エマルションとしたものが消泡剤として用いられています。消泡剤のタイプはオイルタイプ:鉱物油等の油性物質を主成分とし即効性があるので、液体表面にできた泡を早く消したいときに便利ですが、消泡効果の持続性が低いのが難点です。界面活性剤タイプ:油性物質が主成分であり界面活性剤を配合しています。

貯蔵安定性の面で優れていて長期間保存が可能です。エマルションタイプ:水に消泡成分を乳化して分散させたもので、使用時に水中での拡散性に優れていますが、貯蔵安定性が良くありません。長期保存した時に変質や分離してしまう恐れがあります。これらの種類以外にシリコーンやシリカを配合したタイプもあり、シリコーンやシリカは塗装時に製品に付着するとハジキの原因になることもあります。

どのような消泡剤を使用するかはその目的で異なり、一般的にオイルタイプが破泡性、性剤タイプが抑泡性、エマルジョンタイプが脱気性に優れているとされていますが、1種類だけの使用では効果が得られない時もあり、その時は違うタイプも併用し使ってもよいでしょう。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です