さまざまな工場などの排水処理現場では発泡現象が起きてしまうという問題があります。発泡が起こる理由はそれぞれの分野の工程で異なり、避けることは難しいのですが、そのまま何も手を加えずに処理をすれば外部に流れ出した泡によって更なる問題に発展してしまうのです。工場から出た泡を見た近隣の方々が環境問題などに不安を覚え、工場に対して良くない印象を抱いてしまうかもしれません。そうなってしまうとそこで製品を作ること自体困難になってしまうのです。

だからといって1度出来てしまった泡が自然に消えるのを待つとなるとかなりの時間を要していまいます。排水の量を考えるといくら時間があっても追いつかないでしょう。そのような発泡トラブルでお困りの方に試してほしいのが消泡剤です。消泡剤とは液体に泡が発生するのを防いだり、発生してしまった泡を消すために添加する添加剤です。

わずかな量で効果を発揮し、問題となる泡を消してしまいます。消泡剤にはシリコーン系と界面活性剤などの有機系があります。シリコーン系は不活性で安定しているため、安全性が認められ食品添加物としても使用されています。例えば豆腐は製造工程で泡が発生してしまいますが、そのままだと見た目や食感があまり良くはありません。

また液の中の気泡が商品を傷みやすくする原因にもなります。消泡剤を添加することで、泡が消えなめらかで美味しい豆腐が作られるのです。このように消泡剤はあらゆる分野における発泡トラブルの強い味方です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です