消泡剤は、主に液体に泡が発生することを防ぐための添加物です。工業製品の製造や食品加工をする場合に泡が発生すると製品の品質が低下する恐れがありますので、その状況を抑えるためにも欠かすことのできない薬剤となっています。主に泡の発生を防ぐ機能と、できてしまった泡を消すための機能の両面を有しています。泡は表面張力によって発生しますので、表面張力を低くすることで発生を防ぐことが可能となり、その性質を有するシリコーンやポリエーテル、界面活性剤やアルコールなどが主流です。

物質を凝固させて製品とするものは数多く、食品だけでなく数多くの工業製品が該当しているものと言えます。即効性のある性質を持つものや、持続性に優れている特性のものなどがあり、それぞれの製造工程で最も適している消泡剤が使用されています。食品加工の場合には特に安全性が重要視されますが、シリコーン系のものでは他の物質との反応がなく安全性が高いため、添加物として認められているものもあります。このことからも、安全性の観点では問題のない薬剤であることがわかるのではないでしょうか。

我々の日常生活に欠かすことのできない存在となっている消泡剤は、ものづくりの場において多様な用いられ方をしているものです。加工する製品の特性に合わせ、泡がどのように発生しているのか、消泡剤を用いてどうやって泡を除去するのかが最も効率的なのかを理解することが重要です。消泡剤についての情報を集めてまとめているウェブサイトがとても参考となりますので、一度チェックをしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です