消泡剤は色々なものを製造する現場で、邪魔になる泡を消すためのものです。そしてひと口に泡と言っても様々な種類があり、泡を消すための原理もそれぞれ異なります。数ある消泡剤の中でも種類が多いのは、シリコンを使用したタイプです。シリコン100%で作られたオイルは、そのまま消泡剤として活用できます。

配合しても液体の性質を変える場合が少ないため、幅広い場所で活用されています。特に相性が良いのは油系の泡です。そしてそんなシリコンオイルにシリカの粉末を配合させた、オイルコンパウンド型というものも定番です。オイル100%のタイプよりも泡を消す能力が高い場合が多いです。

そしてオイルだけだと反発することで中々効果が発揮できない、水系の泡にも対応させられます。そんなオイルコンパウンド型はただオイルの中にシリカ粉末が含まれているだけですが、それを乳化させたエマルジョン型もあります。乳化してあることで液体の中に入れた際の分散性が高く、使い勝手が良いのが特徴です。ベースはオイルコンパウンド型なので、水系と油系のどちらにも対応可能な万能さを併せ持ちます。

また乳化を消泡剤の時点でするのではなく、使用するタイミングで行うタイプもあります。それを自己乳化型と呼びます。基本的にはオイルコンパウンドと変わらずシリコンオイルとシリカ粉末で構成されることが多いですが、水を加えると乳化します。そんな自己乳化型は、酸性またはアルカリ性に強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です